Kazuo Ishiguro / カズオ•イシグロ

100KazuoIshiguro.com では、英国の作家カズオ・イシグロの作品を紹介するサイト。

1982年、英国に在住する長崎女性の回想を描いた処女作『女たちの遠い夏』(日本語版はのち『遠い山なみの光』と改題、原題:A Pale View of Hills) で王立文学協会賞を受賞し、9か国語に翻訳される。

1986年、戦前の思想を持ち続けた日本人を描いた第2作『浮世の画家』(原題:An Artist of the Floating World) でウィットブレッド賞を受賞する。

1989年、英国貴族邸の執事を描いた第3作『日の名残り』(原題:The Remains of the Day)でブッカー賞を受賞する。この作品は1993年に英米合作のもと、ジェームズ・アイヴォリー監督・アンソニー・ホプキンス主演で映画化された。

1995年、第4作『充たされざる者』(原題: The Unconsoled) を出版する。

2000年、戦前の上海租界を描いた第5作『わたしたちが孤児だったころ』(原題:When We Were Orphans) を出版、発売と同時にベストセラーとなった。

2005年、『わたしを離さないで』(原題:Never Let Me Go)を出版する。2005年のブッカー賞の最終候補に選ばれる。この作品も後に映画化されている。同年公開の英中合作映画『上海の伯爵夫人』の脚本を担当した。

2015年、『忘れられた巨人』(原題:The Buried Giant)を英国、米国で同時出版。

2017年、ノーベル文学賞を受賞。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Miyuki Miyabe / 宮部みゆき

  2. Nanami Shono / 塩野七生

  3. Toyoko Yamasaki / 山崎豊子

  4. Shiba Ryotaro / 司馬遼太郎

  5. Masamitsu Miyagitani / 宮城谷昌光

  6. Keigo Higashino / 東野圭吾

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。